KOBO TIME

Nineナイン

人間が持っている本能、その行動はセンサー機能である五感にもとづいています。より自分感覚の、より自分の五感にフィットしたモノを求める時代。動きのある立体的なデザインのボディと熟練の金属加工職人がカタチにしたオリジナルデザインの金属脚は、五感を刺激します。
ナインをデザインするにあたって2006年、本場のミラノサローネを観に行き衝撃を受けました。この頃ミラノサローネでは、ミニマムデザインだけでなく、モーイなどデコレートしたモダンデザインの流れが出てきました。
ナインは、カッコいいをデザインコンセプトに、ただミニマムモダンではなく、デコレートを加えた個性的なデザインする考えで開発しました。インスピレーションを受けたのは、アニメのロボットやランボルギーニのメカニックデザインです。ランボルギーニの隅々まで考えられた造形の美しさ、立体感をどれだけTVボードで表現できるかをに挑戦しました。

Nineナイン サイドキャビネット

サイドキャビネットは「静」のイメージ。大胆に台輪を傾斜させることで より一層テレビボードの スチール脚ボディの躍動感を強調します。

  • ninesidecab_1

    SIDE CABINET(WHITE & DARK BROWN)

  • ninesidecab_2

    TV BOARD &SIDE CABINET(WHITE & DARK BROWN)

  • ninesidecab_2

    SIDE CABINET(WHITE & DARK BROWN)