KOBO TIME

Nineナイン

人間が持っている本能、その行動はセンサー機能である五感にもとづいています。より自分感覚の、より自分の五感にフィットしたモノを求める時代。動きのある立体的なデザインのボディと熟練の金属加工職人がカタチにしたオリジナルデザインの金属脚は、五感を刺激します。
ナインをデザインするにあたって2006年、本場のミラノサローネを観に行き衝撃を受けました。この頃ミラノサローネでは、ミニマムデザインだけでなく、モーイなどデコレートしたモダンデザインの流れが出てきました。
ナインは、カッコいいをデザインコンセプトに、ただミニマムモダンではなく、デコレートを加えた個性的なデザインする考えで開発しました。インスピレーションを受けたのは、アニメのロボットやランボルギーニのメカニックデザインです。ランボルギーニの隅々まで考えられた造形の美しさ、立体感をどれだけTVボードで表現できるかをに挑戦しました。

Nineナイン ダイニングテーブル

ホワイトとダークブラウンという2トーンを基調に構成されたダイニングテーブル。見せ場は、細い板が構成する天板の水平ラインと脚部の垂直ラインです。
特に脚部は、見る角度によって表情を変えます。
板目の木目により表情を出した天板は、四方切り落とした変形形状に面を取ることによって、よりシャープな立体感を演出。テーパーにカットした脚部は軽快な印象を与えます。

  • DINING TABLE

    CURIO CASE 800 (WHITE)
    DINING TABLE 1800 (WHITE & DARK BROWN)

  • DINING TABLE

    DINING TABLE 1800(WHITE & DARK BROWN)

  • DINING TABLE

    DINING TABLE 1800(WHITE & DARK BROWN)